[ 前に戻る ]
返信フォーム
被災地に送る仮設の仏壇製作にご協力を Name:シェア拡散お願いします  ( 11/09/26 11:15 ) 76.111.92.104  
Facebook より抜粋

by Tomoko Hirayama on Monday, September 5, 2011 at 10:21am

福井県で材木店を営む田中保さんが、仮設の仏壇を被災地に無償で贈る取り組みをしています。

「メモリアルボード」と名付けられたこの仏壇は、樹齢100年以上の杉や檜の台座に、小さな花瓶と遺影をはさむアクリル板が飾れるシンプルなつくり。大切な人を亡くし、家も仏壇も流された被災者の方が、仮の住まいで仏様を供養できるようにコンパクトなサイズです。

田中さんは、震災直後に福井から仮設住宅の建設で被災地支援をしようと尽力しましたが叶わず、木材で被災地の方々にできることを考えて、仮設仏壇を発案しました。

福井県の木材組合連合会で製作し、7月上旬に50個を作って岩手、宮城、福島の寺院に届けたところ、依頼が相次ぎ、これから1万個を製作する予定です。この活動を知った県内の高校や他県の業者からも製作を協力したいという申し出が相次いでいます。

材料費は1つにつき3000円ほどかかるのですが、今は田中さんたちが負担しています。

福井県木材連合会では、ボランティアに協力してくれる団体と、材料費にあてる寄付を募っています。

問い合わせ:同連合会 0776-35-5663

寄付の振込先:福井銀行板垣支店(普通)6014861 口座名「県木連東日本大震災協力資金」

http://www.facebook.com/#!/notes/tomoko-hirayama/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E6%8B%A1%E6%95%A3%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%81%AB%E9%80%81%E3%82%8B%E4%BB%AE%E8%A8%AD%E3%81%AE%E4%BB%8F%E5%A3%87%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%81%AB%E3%81%94%E5%8D%94%E5%8A%9B%E3%82%92/156293207788617

この書き込みに対する返事を下にお書きください。

Title

Name

E-mail Address

内容文中の改行はそのまま反映されます。